躁鬱病とはどんな病気か知り早めに治療を行う

双極性障害記事

家族のサポート

抱え込む女性

家族の誰かが躁鬱病になった場合、家族のサポートは欠かせないものになります。躁鬱病の場合、様々な形で社会生活に支障が生まれます。症状の治療を行うこととともに、社会生活を守っていくことが大切です。家族事態にも迷惑が掛かることもあり、家族の方もどのように接していいかわからないということもよくあります。一番良いのは、主治医と家族と本人で話し合いの機会を設けることです。躁鬱病はどのような病気か説明を受け、どのように接していけばいいのか、過去にどのような対応を行って改善させていくのか知ることが大切です。家族と主治医と本人の意識を揃えることにより、早く症状を改善させ社会復帰を行うことができます。

躁鬱病患者が、うつ状態にある場合、通常のうつ病の人と同じように接していくことが大切です。話を聞くという姿勢を見せ、現状を責めることなく、患者のことを大切に思っているという姿勢を見せていくことが大切です。躁状態の患者の場合、活動が活発になり攻撃的になるため、付き合うことに疲れてしまいがちです。家族だからと我慢して受診をためらっている人も多いですが、家族で問題を抱え込まず早めに病院に相談することが大切です。気持ちを落ち着かせる手立てを一緒に考えることや、受診を促すことが大切です。躁鬱病患者が回復期になった場合、今まで迷惑をかけてしまったという思いから、必要以上に頑張ってしまいがちなので、ゆっくり段階的に目標を立て焦らないような行動を行うことが大切です。社会復帰を行った患者の場合、気分の安定を維持できているかどうかが重要になるので、大きな決断等は暫く待つことも大切です。

↑ PAGE TOP